読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーズン3使用構築

結果も出ていないので並びだけ簡潔に


メガボーマンダ@メガ石  いじっぱり

197-190-151-×-117-163

恩返し 地震  舞  羽

メガ枠。211めざ氷耐えでミミッキュテテフを意識したSライン。


マンムー@襷  陽気

185-175-100-×-96-135

地震 岩石  礫 ステロ 

初手で無理矢理ステロを撒き、後述のバシャーモを通す。コケコに後出しするケースを考えてめざ氷+草結び高乱数耐え。


バシャーモ@炎Z  うっかりや

155-141-90-178-81-132

オバヒ めざ氷 膝 守る

ステロと合わせてほとんどの構築に刺さると踏んだエース。通ったときはほぼ勝てるが相手のポケモンに先に展開されると勝てない。


ナットレイ@フィラのみ  呑気

181-118-198-×-136-22

ジャイロ 宿り木 守る ステロ

サイクルを回しながらステロが撒けると踏んだときに選出。ミミッキュの舞ゴーストZ+シャドクロやガルーラの炎技に突っ張ってもHP管理ができる。


ウツロイド@スカーフ  臆病

185-×-67-179-151-170

パワージェム ヘドウェ めざ氷 草結び

リザードンウルガモス入りにナットレイと合わせて選出。一貫が取れれば楽に勝てる試合が多かった。


ギルガルド@霊Z  いじっぱり

シャドクロ 聖剣 かげうち 剣舞

マンダと強い並びを作れて受けループにある程度強い枠で採用。実際はグライオンとの守る択をする必要があるので微妙だった。特殊だけを警戒してくる相手にはイージーウィンできた。



シーズン3は実力も努力も足りないシーズンでした。対戦してくれた方、オフや通話などでお世話になった方ありがとうございました。



シーズン1使用構築 最高2167 最終2142

並びはこちら

f:id:rubiiii:20170117173701p:plain

 シーズン1ではカプ・コケコというポケモンが非常に強力でカプ・コケコに強いガブリアスや、ガブリアスに受け出しでき、地面の一貫を切れるテッカグヤあたりがかなり多い環境であったと感じた。

 そのため、こちらはテッカグヤを出して地面の一貫を切りつつ相手のコケコをどうにかしようという考え方で構築を組んだ。採用順はテッカグヤ、カプ・コケコ、ガブリアス、ガルーラ、ミミッキュ、ゲンガー。

 2100まではカプレヒレを採用していたがカグヤレヒレと出すとコケコにボコられるのを嫌って選出できなくなったため解散。

メガガルーラ@ガルーラナイト

性格 意地っ張り

特性 きもったま→親子愛

努力値 132-252-4-×-60-60

技構成 猫 ブレクロ 雪崩 不意打ち

出し負けしにくいメガ枠。技は半端なサイクルを崩すためにブレクロ、テッカグヤへの非接触技で受けループへの誤魔化しとして雪崩、Sの上がった積みアタッカーを止める猫不意の4枠とした。相手のテッカグヤに対しては雪崩から入りやどりぎを受けないタイミングで引くようにしていた。ヘビボンから入られるとかなりキツかった。


ガブリアス@気合いのタスキ

性格 陽気

特性 鮫肌

努力値 0-252-0-×-4-252

技構成 地震 岩石 炎牙 剣舞

レヒレを入れていたときに逆鱗を切っていたが使用感が良かったのでそのままの技構成で採用。メインウェポンの地震、テッカグヤへの打点となる炎牙は無難に強く、岩石封じはミミッキュのばけのかわに打つとガルーラが上を取れる、ボーマンダパルシェンに打つと後続のコケコが上を取れるなど便利な技だった。


テッカグヤ@ゴツゴツメット

性格 控えめ

特性 ビーストブースト(C上昇)

努力値 148-×-196-100-20-52

実数値 191-×-148-154-124-87

技構成 放射 めざ氷 やどりぎ 守る

ガブリアスに安全に投げることを目標にしたテッカグヤ。ガブリアスさえ処理すればこちらのコケコが通るためこのような型になった。交代際に剣舞を積まれてもめざ氷+接触2回で倒せる。炎Zには負けるがその場合コケコが上を取れるので割り切った。図太いの方が良かったかもしれないが特に問題は無かったように感じた。相手の削れたテッカグヤを放射で倒しC上昇で勝った試合もあったのでなんとも言えない。


カプ・コケコ@デンキZ

性格 臆病

特性 エレキメイカー

努力値 236-×-12-4-4-252

技構成 10万 マジシャ 瞑想 羽休め

コケコミラーに強く出れると見て採用した瞑想羽コケコ。CSコケコのマジシャを2耐えするので起点にできる。ガブリアス後出しにはカグヤを投げて間に合うので安全に瞑想を押していけた。また、カグヤのやどりぎを当てれば相手のコケコに後投げができるのでカグヤコケコミラーはほとんど負けなかった。しかし、終盤はフェアリーZコケコが増えてきたため、対面で2連同速負けをすると突破されてしまうのが辛かった。


メガゲンガー@ゲンガナイト

性格 臆病

特性 のろわれボディ→影踏み

努力値 236-×-0-0-20-252

技構成 シャドボ ヘド爆 挑発 道連れ

フェローチェ入り、ブルル入りサイクルや受けループなどに選出した。とりあえず補完で入れてみたがほとんど選出できなかった。この枠は検討が必要。UB統一のテッカグヤにエアスラ外しで道連れを透かされた時は吐いた。


ミミッキュ@ゴーストZ

性格 陽気

特性 ばけのかわ

努力値 4-252-0-×-0-252

技構成 シャドクロ 鬼火 みがわり のろい

最後に入ってきた枠。オニゴーリに負けまくっていたためいいポケモンはいないか考えていたところ、対戦相手の方にZのろいミミッキュを使われ、参考にすることにした。参考元はどくどくだったが、ガルーラスタンへの腐りにくさを考えて鬼火に変更した。初手で投げてガルガブには鬼火、ゲンガーテテフにはゴーストZシャドクロと、出し負けしにくい。積みポケモンに対してのろいを打つことでガルーラの猫不意でシバくことができるのが素晴らしかった。なお、採用してからオニゴーリには当たっていない。


結果的にいい所まで行けましたが、構築は穴だらけで、選出を間違えたらボロ負け、選出を当てても択負けや同速負けなど反省点が多かったシーズンでした。目標の2200を目前にして心が折れてしまったのが残念です。シーズン2では頑張りたいと思います。

ここまで見てくださってありがとうございました!


f:id:rubiiii:20170117182636j:plain


   

毒眠マンムー シーズン1使用個体

f:id:rubiiii:20161230001333g:plain

マンムー@カゴのみ

性格 いじっぱり

技 じしん 礫 どくどく 眠る

努力値 ADぶっぱ残りS

ポリゴン2ギルガルドがとても多かったので使っていたポリゴン2を逃がさずに役割遂行するためのマンムー

テッカグヤが増えてきてお荷物になったので解雇。

忘れがちな知識 随時募集

忘れがちなポイントまとめてミスしないようにします


・グラスフィールドで半減なのはじしん、マグニチュード、じならしのみで地面技ではない

かくとうタイプに虫技は半減

・ダウンロードはBD同値の場合Cが上がる

・ビーストブーストは同値の場合A>B>C>D>Sの優先順位

シーズン17使用構築 最高レート2175最終レート20××

こんにちは!るびーぽけです。

今回はシーズン17で使用した構築についての記事になります。

シーズン17は中盤までは別の構築(別記事で書きます)ですんなり2000に乗せることができましたがそこから伸び悩み、最終日前々日にある方から構築案をいただきました。そこから最高レート更新することができましたが、目標としていた2200には届かず、悔しいシーズンとなりました。


さて、前置きはこのあたりで今回使用した並びはこちら

f:id:rubiiii:20160915062908p:plain


f:id:rubiiii:20160915071759g:plain

ガルーラ@ガルーラナイト

能力値(メガ後) 197-192-135-×-121-123

技構成 ねこだまし 秘密の力 かみくだく ふいうち

後述のゲッコウガとの兼ね合いでガルガル対面でなるべく引かないためねこだましを採用している。あとはなんということもないカバガルのガルーラ。かなしばりゲンガーや鬼火ゲンガー+ゴツメ枠に苦しめられたのでからげんきでもよかったかもしれない。


f:id:rubiiii:20160915071822g:plain

カバルドン@ゴツゴツメット

能力値 215-133-187-×-92-67

技構成 じしん 岩封 なまける あくび

オーソドックスなゴツゴツメットカバルドン。ゴツメはもちろん砂、思ったより火力のあるじしんにより削り性能が高く使いやすかった。カバルドンに高火力特殊アタッカーを合わせられると負けてしまうので注意が必要。


f:id:rubiiii:20160915071909g:plain

ゲッコウガ@こだわりメガネ

能力値 147-×-88-155-91-191

技構成 冷凍ビーム なみのり 悪の波動 草結び

構築のキーとなるメガネゲッコウガ。ガルーラによって相手の物理受けを呼び、秘密の力で削りつつ、回復のタイミングでゲッコウガを合わせることで強力な勝ち筋となる。有利対面でどの技を選択するのかよく考えるのが重要だった。


f:id:rubiiii:20160915071932g:plain

ゲンガー@いのちのたま

能力値 136-×-80-182-95-178

技構成 シャドーボール きあいだま みがわり みちづれ

この構築ではほとんどの場合メガガルーラを選出するため選出パターンを増やすためにメガではなくいのちのたまで採用。結果としてガルーラゲンガーを同時選出することができ、選出に厚みがでた。受けループを倒すためにはバンギラスきあいだまを当てるしかない。みがわりを採用しているのにHPが4nなのは完全にミスです死んだほうがいいです。


f:id:rubiiii:20160915071950g:plain

霊獣ボルトロス@こだわりスカーフ

能力値 182-×-95-202-100-134

技構成 10まんボルト ボルトチェンジ めざめるパワー氷 サイコキネシス

ゲッコウガなどの面倒な高速アタッカーに奇襲をかける枠。有利対面で安易にボルトチェンジを押すと地面枠に捕まるので注意。対面構築に対してサイコキネシスの一貫を作る動き、ボルトチェンジによる対面操作など非常に使いやすかった。ボルトロスヒートロトムなどの電気タイプで見る構築には刺さっていた。


f:id:rubiiii:20160915072010g:plain

キノガッサ@きあいのタスキ

能力値 135-200-101-×-80-122

技構成 マッハパンチ タネマシンガン 剣の舞 きのこの胞子

これまでのポケモンでは対処が面倒なクチートポリゴン2などを処理するために採用。上手く剣の舞を積めれば試合を決めるパワーを持っていたが、最終日にウルガモス入りにほとんど選出できなかったため岩石封じでもよかったかもしれない。


それなりの構築になったと思いましたが、私のプレイヤースキル(主に選出)であったり最終日付近に増加したガルクレセウルガカイリューのような並びにはガルーラとカイリューの対面もしくはゲッコウガorカバルドンウルガモスの対面を作られるだけで簡単に崩壊してしまうのがレートを上げきれなかった要因の1つだと感じました。


6世代総括

6世代では2200を目標にしてきましたが最後まで達成することはできませんでした。ですがポケモンを通じて多くの方と関わり、成長できたのは間違いありません。7世代でもポケモンを続けるつもりなのでまだまだ皆さんと高め合っていけたらと思います。それではサンムーンのレートでまた会いましょう。


f:id:rubiiii:20160915072559j:plain

ツイッターアカウント @rubiiiipoke



スカーフウルガモスの調整

ウルガモス@こだわりスカーフ性格 控えめ

163(20)-×-97(96)-204(244)-125-139(148)

31-×-30-31-31-31個体を想定しています

B

意地ガブの逆鱗最高乱数以外耐え

A165(両刀)ガルーラの猫不意耐え ※それ以上Aの高いガルーラは炎の体かいい乱数引かないと耐えません

バシャーモのフレドラ耐え

C

ぶっぱでもあまり変わらない気がしたので1落としました

めざ氷で乱数下2つ以外で無振りガブリアス1発(目安)

D

C特化ゲッコウガなみのり最高乱数以外耐え(目安)

S

最速メガミミロップを抜くやつ+1

準速スカーフウルガモスを使っていて準速にしなくてもいいんじゃないかと思い考えてみました

結局岩技打たれることも考えるとそんなに強くないと思いますがカバルドンとの相性が良さげだと感じました。