カバルドン調整案

バトルフロンティアで使用したカバルドン

f:id:rubiiii:20180923002954g:plain

特性 すなおこし 

性格 わんぱく

技構成 じしん 氷の牙 なまける あくび

実数値 213-133-176-×-99-73

努力値 236-4-172-×-52-44


調整意図

HB...できるだけ高く、+2段階の143ミミッキュZ耐え(156は乱数)

HD...H振りメガクチートを確定2発のラインの攻撃を2耐え

S...冷静ギルガルド、4振りクチート抜き


今回はゴツゴツメットを持たせた受けと削りを重視したカバルドンを使用しており、HBに振り切るとパーティー単位で受け出しできないギルガルドに隙を見せてしまうためギルガルドにもある程度後投げできる調整を考えた。

初めは222シャドーボールを2耐えするようにDに努力値を割いたが、本来の物理への遂行が弱くなってしまい(特にクチートミミッキュ)使いにくく感じたので特殊耐久のラインを身代わりギルガルドによくあるラインまで落とし、Cに振り切るギルガルドに多い冷静の型を誘い殺すためSのラインを少し上げた。冷静ギルガルドに受け出してHPバーが黄色になることでそのまま突っ張ってくるギルガルドを突破することができる。また本来Bに振り切らなくては後投げが難しいクチートにも大きな削りを入れることができるようになった。

結果は振るいませんでしたがカバルドンの新しい調整の可能性になれば幸いです。

ガバオフ 日記

こんにちは、るびーぽけです。

今回はガバオフの日記です。


ガバオフ前々日(9/14 金曜日)

筆者は関東民で久しぶりに遠征することになり、同じく関東民のチャックさんとオフ前日に新幹線で大阪に行くことにしました。ですが筆者の家は東京駅へのアクセスが良くなく、普段から自堕落ニート生活を送っているため、午前10時に東京駅に到着する自信がなかったため前々日から都内に泊まることにしました。

14日はお昼に用事があり、夕方に帰宅しそこから持ち物の準備をして秋葉原のネカフェに泊まることにしました。ギリギリ満室ではなく泊まることができたのですが夜から小雨が降り出していたので泊まれなかったら危ないところでした。筆者は最近ポケカにお熱なのでお昼用事終わりに超爆インパクトというパックを箱買いし、ここでひっそりと開封しました。SRのザオボーさんが1番当たりでした( ´△`)アァ-。パックを開け終わった後暇になったのでTwitterでオススメの漫画を募集したところ、いくつかリプライを頂き、そのなかで読んだことのないスラムダンクを少し読んで寝ました。



・ガバオフ前日(9/15 土曜日)

あれだけ寝坊を心配していたのに6時半にバッチリ目が覚めました。シャワーを借りてスラムダンクを少し読み、ネカフェを出ました。朝ごはんは近くにあったガストで済ませ、かなり余裕を持って東京駅に向かいました。

東京駅に予定より1時間ほど早く着いたのですがチャックさんも早く着いていたようで乗車券を買ったら合流することにしました(チャックさんは事前に指定席で買っていたので席は別れました)。3連休の初日ということでかなりの人が新幹線乗り場に殺到していて、券を買うのに30分くらいかかってしまいました。その後チャックさんと一旦合流し、大阪でまた会いましょうということで別れました。混んではいましたが何とか席には座れたので大阪まで(´-ω-`)))コックリコックリしながらくつろいでいました。

新大阪駅に着くと、関西のffのあんぱんさんが来てくれていて、3人で合流してたこ焼きを食べに行きました。大阪で食べるたこ焼きはとても美味しかったです☺️。その後ポケカにお熱な筆者とチャックさんがカードショップ巡りをしたいということであんぱんさんに道案内をしてもらいながらカードショップを回り、時間を潰しました。夕方になり、予約していた宿に一緒に泊まるくじわらくんとおまるふぉいが合流し、5人でお好み焼きを食べました。ここであんぱんさんは帰宅し、4人で宿に向かいました。

宿は筆者も詳しくはないのですがホステルというネカフェとカプセルホテルの中間のような宿でした。宿に着くと各自の個室に荷物を置き、筆者とチャックさんはおもむろにフリースペースにポケカをしに向かいました。近くのコンビニで買ったお菓子やドリンクバーの味噌汁をつまみながらワイワイポケカをやっていました(チャックさんのデッキを借りて試合をしましたがボコボコのボコにされましたチ───(´-ω-`)───ン)。一通り遊んだ後シャワーを浴び、明日の構築がないことに気づきました。チャックさんとフレ戦しながら必死に考えた結果、前期のレートのパーティーとほぼ同じものを使うことにしました。少し努力値を振り直すことにしたので1度別のロムにポケモンを移し、努力値を振り直して輸送し直し、パーティーの並びと技を確認して寝ました。



ガバオフ当日(9/16 日曜日)

運営のお手伝いをするつもりで少し早めに会場入りする予定だったのですが宿を出るのが少し遅れてしまいました(運営の方々すみません🙇)。朝はマクドナルドで軽く済ませました。その後会場近くの駅まで行き、そこからバスで会場に向かったのですが、行先の違うバスに乗ってしまい途中下車し、会場まで歩きました。

結局会場に着いたのは受付開始の少し前くらいになってしまいました。荷物を近くの椅子に置いて、トイレに行き、戻ってきたら受け付けが始まっていて、1人で列の後ろの方にひっそりと並びました。並びながら会場を見渡してffの方も何人か見つけたのですが、久しぶりに会うので間違えるのを怖がりその時は声をあまりかけられませんでした。受け付けが完了してから対戦開始まで時間があったため、既に会ったことのあるffの方々に挨拶して回りました。ある程度挨拶をしたところで時間になり、ガバオフが始まりました。

筆者のブロックは知り合いが2人いて、その他にもレートで結果を残している方が多くレベルは高めでした。前期とほぼ同じパーティーを使うため構築記事を非公開にしていたので、知り合いの2人以外には知られていないだろうと思い、五分くらいの勝負はできると考えてはいましたが、勝ち越しかあわよくば予選抜けできたらいいなくらいの気持ちで対戦に臨みました。

オフの初戦は気持ち的に大事なのですが初戦の相手の方が前期レートで筆者と当たっていたらしく、こちらのポケモンが動きにくい選出をされてしまい負けてしまいました。2戦目は知り合いのreboさんと対戦したのですがここで事件が起こりました。試合終盤で綺麗に詰めたつもりが前日に努力値を振り直したボーマンダが懐いておらず、恩返しの火力がやどりぎレベルで、両プレイヤーに、衝撃が走りました。結果的に別の追加効果で運勝ちしたのですが汗が止まりませんでした😓。対戦後すぐにロメのみを使ってなつき度を上げ、午前にもう1勝し、2-1でお昼休憩に入りました。

お昼はTwitterでは仲良くしていたのですが、今回のオフで初めて会った天ノ川えぼというffの方と食べに行こうということになり、天ノ川さんと仲のいい人達に混ざって本日2回目のマクドナルドに行きました。金の月見バーガー美味しかったです😋。

午後の部が始まり1試合目で衝撃が走りました。午前の最終戦の後にセーブせずに電源を切っていたためまたボーマンダが懐いていませんでした。午後も敗戦スタートで始まってしまいました...。そこからはとくに事件はなかったのですがやはりブロックのレベルが高く思い通りに勝つことができず、最終的には4-5という結果でした😔。同じ宿に泊まっていた4人は残念ながら全員敗退でした。

ここからは予選敗退した時の密かな楽しみだったポケカで会場の後ろの方で遊んでいました。筆者のデッキはまだカードが揃っておらず、ほとんどレベルの高い試合を眺めているだけでした。ご存知の方も多いと思いますがポケカは現状かなり高騰していて手に入りにくいカードをプロキシといってコピーなどで代用することが遊びの場合あります。そのプロキシを使っている人のなかで無駄にレア度の高い絵柄のプロキシ(シロナグズマSRのプロキシ)を使っている人がいて初心者の筆者はプロキシと分かっていても体が反応してしまい面白かったです。決勝トナメも進んできて3決と決勝がスクリーンに映る中、それを見ながらポケカの歴史の変遷をフォロワーの方に教えてもらっていました。

オフも終わり2次会はお昼ご飯のメンバーに混ぜてもらうことになりました。しかしバスが込み合っていて予約したお店に遅れてしまい別の店を探すことになってしまいました。このあたりはなにも協力できなくて申し訳なかったです🙇。何はともあれお店が見つかりワイワイ楽しく2次会をしましたヾ(*´∀`*)ノキャッキャ。2次会の後オケオール組と帰宅組に別れて解散し、筆者は前日と同じ宿に泊まることにしました。宿に着いてから本棚にあったスラムダンクを読み、シャワーを浴びて寝ました。



ガバオフ翌日(9/17 月曜日)

8時半に起床しシャワーを浴びて宿を出ました。朝ごはんを近くのガストで済ませ、少し観光してから帰ろうかと思いましたが歩くのが面倒なので逆に東京にいる時とと変わらないことを大阪でしようと思い(ガストとマックに行ってる時点で達成してるとは思いますが)ヒトカラに行きました。あわよくばまだ大阪に残ってる知り合いと帰りたかったのですが歌ってるうちに誰もいなくなってました🤔。14時くらいに新大阪に到着し、お土産を買って東京行きの新幹線に乗りました。自分ではあまり疲れている感じはなかったのですが新幹線ではすぐに寝てしまいました。名古屋を過ぎたくらいで起きてTwitterを見ながら東京駅に到着し、自宅方面の電車に乗りかえ、帰宅しましたパチパチ(。>ω<ノノ゙。


感想

久しぶりの関西でまず楽しかったのと、普段会えないffに会えたのがとても嬉しかったです。初めて会う方も何人か挨拶できてよかったです☺️。来年からるびーぽけ社会人編が始まるので関西のオフに来れるか分かりませんが是非また遊びに行きたいと思います。

最後に、今回のオフで絡んでくれた方や運営の方々は本当にありがとうございました!

筆者はバトルフロンティアオフにも出るのでそちらに来る方は是非またお話しましょう👍

それでは( ・∇・)ノシ♪




シーズン11使用構築 アシレコケコマンダ 最高最終2077

こんにちは、るびーです。

今回はシングルレートシーズン11で使用した構築を記事にしたいと思います。


並びはこちら

f:id:rubiiii:20180905010251p:plain


本文につき以下常体

・初めに

自分がシーズン11にシングルレートに参戦するにあたり、USMに入ってからここまでレートに取り組んでいなかったため、単純な経験値やダメージ感覚、流行のポケモンの把握などで1歩劣ってしまっていることが明らかだった。そのため明らかに上位に食い込んでくるであろう特定の構築に対し安定して勝てるような構築を組み、レートを稼ぐことを目標とした。

最終的にはこのコンセプトをある程度保ちつつ、終盤に増加傾向のあった受け回しタイプの構築にも8~9割の勝率を出すことができたのがレートを上げられた要因だと考えている。


・構築経緯

上記のコンセプトの通り上位に食い込んでくるであろう構築からレートを稼ぐような構築を組むことを意識した。

レートを稼ぐターゲットとしては前期1位の襷激流ゲッコウガ+ミミッキュ+メガの並びと取り巻きに似たポケモンが多いカバマンダガルドの並びである。これらの構築に対してほぼプレイングの要素を含まず作業的にある程度の勝率を出すことを目標に構築を組み始めた。

まず、初手の襷ゲッコウガに対して有利を取るポケモンを考え始め、とんぼがえりを採用したスカーフゲッコウガを試していたが、同じような思考のプレイヤーと当たるとスカーフゲッコウガミラーを制した方の勝ちが濃厚になるため、ゲッコウガ以外のポケモンで襷とスカーフのゲッコウガ両方に有利を取れる襷アシレーヌを採用した。次に数的優位を取ったあとマンダ軸やゲコミミ+メガに対して圧倒的な上からの制圧力があるデンキZコケコ、前述の2体でアドバンテージを取った時とアドバンテージを取り切れなかった時の切り返しの動きを考えて龍舞メガボーマンダを採用し、構築の軸とした。

残りは終盤まで何度も変更があったが最終的に軸の対面選出ができない際にボーマンダとのサイクルを想定してマンムーギルガルドを採用。ラスト1枠はカバマンダにコケコを通すコンセプト上、カバルドンへの圧力があり、ここまでで対応が難しいポケモンへの対処が可能なポケモンが望ましいが、結局最後まで見つけることはできなかった。ラスト1枠について今回はレート2000達成まで使っていたポリゴン2を紹介する。


・個体解説

f:id:rubiiii:20180904221809g:plain

メガボーマンダ@メガ石  性格:いじっぱり

実数値(努力値):197(212)-187(36)-151(4)-×-112(12)-171(244)

恩返し みがわり(地震)  龍舞  羽休め


本構築のメガポケモン。シーズン中盤まではじしんを採用することでカバマンダガルドの全てのポケモンに有効打を持つことができるため龍舞による詰めを期待していたが、シーズン終盤にあまりにも受け回しの構築とマッチングし、勝ち筋がほぼゼロだったため、後述のマンムーにはたきおとすを採用し、ボーマンダにみがわりを採用することで、ボーマンダポリゴン2エアームドで見る構築に圧倒的に有利な試合を展開できるようにした。副産物としてカバマンダの相手がカバルドンを選出してきてコケコが止められた場合でもラス一から起点にすることができた。じしんを切ってしまい本来のコンセプトであるカバマンダへの勝率は少し下がったかもしれないがそれでも受け回しへの対抗策を得たことは大きかった。努力値に関してはマンダミラーで上を取ることが重要なため準速の方が良かったかもしれない。


f:id:rubiiii:20180904232307g:plain

アシレーヌ@きあいのタスキ 性格:控えめ

実数値(努力値):155-84-95-196(252)-136-112(252)

泡沫のアリア ムーンフォース アクアジェット アンコール


本構築のコンセプトであるゲコミミとカバマンダガルドに対して初手で安定して仕事ができるポケモン。技構成はメインウェポンのアリアムンフォとタスキの利点を活かし、数的優位を取った後ミミッキュの皮を削るアクジェ、同じく数的優位を取った後確実にアドバンテージを守りきるアンコールで確定。初手ゲッコウガに対してアリアを押すことでスカーフダストと激流の両対応ができる。カバマンダの中でボーマンダが対面では勝てないコケコとゲッコウガは最低でも1度引かせることができ、ミミッキュにはアクジェとアンコール、ギルガルドはアンコールでキングシールドを許さないためよくあるマンダ軸には非常に強く出れる。また、アシレーヌの準速は基本的に相手の想定にはないため悠長な積み技や補助技読みで繰り出しアンコールを決める立ち回りも多用した。クチート軸やオニゴーリポリゴンZなどが相手にいる場合このポケモンの使い方が重要になる。


f:id:rubiiii:20180904232339g:plain

カプ・コケコ@デンキZ  性格:臆病

実数値(努力値):145-×-105-147(252)-96(4)-200(252)

10万ボルト ボルトチェンジ めざ氷 みがわり


マンダ軸の誰よりも早く有効打を叩き込めることを評価し採用。カバマンダの相手がカバルドンを選出してこない場合かなりの活躍が見込める。カバルドンには見せ合いでできるだけ圧力がかかるような構築にしていたつもりだがカバマンダのカバルドンはなまけるを切っていることがほとんどなため、もし選出された場合でもコケコを切ってラス一ボーマンダで起点にすることが可能。Z使用後に相手のボーマンダを一撃で倒す手段はないが、ボルトチェンジでこちらのボーマンダを繰り出し、有利な展開に持ち込めた。初手のタスキアシレーヌが想定通りに決まらなかった場合はコケコを通すかボーマンダを通すかよく考えて選択をしなければならない。攻撃技3つで仕事はできるためランドロスでコケコを見てくる相手を咎めやすいみがわりを採用し、グロス軸、クチート軸に少しだけ有利に立ち回れるようにした。


f:id:rubiiii:20180905003010g:plain

ギルガルド@食べ残し  性格:冷静

実数値(努力値):167(252)-170-70-222(252)-71-72

シャドーボール かげうち 毒々 キングシールド


軸である対面選出ができない場合にボーマンダとサイクルを回せるポケモンとして採用。テテフやグロスへの引き先として考えるとマンダと組む鋼はギルガルドが頭一つ抜けていると思っている。構築に明確にミミッキュを止める駒がいないため化けの皮を削るためにかげうちを採用し、相手のボーマンダの起点にならない火力が必要だったため冷静HCの型に落ち着いた。受け回しサイクルには後述のマンムーと合わせて選出し、どちらかで崩しを行う。


f:id:rubiiii:20180905003246g:plain

マンムー@ジメンZ  性格:いじっぱり

実数値(努力値):187(12)-200(252)-101(4)-×-97(132)-114(108)

じしん つららばり 氷の礫 はたきおとす


電気の一貫を切り、なおかつカバルドンに選出圧力をかける枠。パーティー全体で受け回しへの勝ち筋がなかったためはたきおとすジメンZ型で採用した。軸の3体では重い瞑想きのみコケコに強い圧力をかけるのにも一役買っている。基本的にボーマンダを見るポケモンをはたきおとすで崩していくのが仕事。以前使った調整の流用でコケコのめざ氷+草結びを耐えるようになっているが草結びを打たれた試合はなく、ジメンZで採用するならSを4振りミミッキュ抜き以上、できればいじっぱりキノガッサまで抜いておくべきだった。 


f:id:rubiiii:20180905004656g:plain

ポリゴン2@しんかのきせき  性格:なまいき

特性:アナライズ

実数値(努力値):191(244)-100-124(116)-125-147(148)-72

シャドーボール 冷凍ビーム 恩返し 自己再生



構築の課題のラスト1枠に入れていたポケモングロス入りに対してギルガルドと合わせて選出し、今期流行っていたみがわりポリゴン2への引き先として選出でき、グロス軸に入る特殊ポケモンの多くに削りを入れることができるため採用。構築単位で引き先のいなかったミミッキュへの強引な引き先として143+2ミミッキュZを耐えるところまでBに割いた。シャドーボールは143ミミッキュを意識するならイカサマでも確定数が変わらない点、ギルガルドを後続の圏内まで削ることができるためカバマンダガルドへの選出が可能になる点から有用な技と判断し採用した。瞑想コケコをアナライズ恩返し2発で纏められることからなまいきでの採用だった。意識したポケモンへの処理ルートは増えたが、構築単位で重いポケモンが増えてしまったためこの枠は要検討である。


・課題

コンセプトである狙った構築への勝率は高く保てたが上位に多くいた構築の中でヒトムグロスヒレのような構築への勝率が低すぎたことは明らかな欠陥だったため改善が必要だった。またリザードンの処理方法がボーマンダを後出ししYなら殴って処理、Xなら後続のげきりん半減のポケモンで止めるというほぼ一体持っていかれる拙い処理方法だったことはレートが伸びなかった要因だと思われる。


・最後に

久しぶりに1シーズンポケモンやってキツかったけど楽しかったです。今シーズン対戦した方、通話してくれた方などありがとうございました!


TNツクヨミ 最高最終レート2077

f:id:rubiiii:20180905005757p:plain



シーズン4使用構築2 ビートダウングロスタン最高2114最終2065

こんちには!るびーぽけです

今回はシーズン4で使用した構築の2つ目を紹介します。(以下常体)


f:id:rubiiii:20170719152806p:plain


 ボーマンダ軸(特に恩返し1W)が増えていたため有利を取りやすいメガメタグロスを軸として構築をスタートした。ボーマンダ軸にただメタグロスを出すだけではカバルドンポリゴン2といった耐久ポケモンに止められて負けてしまうため、耐久ポケモンへの圧力とメタグロスとの相性を評価してカプ・レヒレを採用。続けて電気と地面の一貫を切るランドロスを採用し基本選出とした。

  ここまでの3体ではコケコなどの高速アタッカーに後手を取りやすいため、奇襲や強力な切り返しを行え、不足する炎打点を補うスカーフウルガモスを採用。メタグロスミラー(怪しい)、ゲッコウガへの引き先としてポリゴン2、受けループを崩せないこととメタグロスを選出できないときのパワーダウンを嫌って両刀メガボーマンダを補完で採用した。



個体紹介



f:id:rubiiii:20170719185559g:plain

メタグロス@メタグロスナイト

特性 クリアボディ→かたいツメ

性格 陽気

実数値(メガ) 175-177-171-×-131-178

努力値 156-92-4-×-4-252

技構成 アイへ 冷パン 雷パン アームハンマー

パーティーの軸として選出機会を増やすため最速で耐久振り。ミミッキュのゴーストZを耐えれば良かったが定数ダメージを意識して175まで振った。アームハンマーナットレイ、ガルーラ、削れたポリゴン2への打点として重宝した。しかし、地震を切ったためメタグロスミラーが不利対面になってしまったことは反省点だった。また、地震を切るなら同族を意識する意味はないので最速でなくてもよかったと感じた。



f:id:rubiiii:20170719190649g:plain

ランドロス@突撃チョッキ

特性 威嚇

性格 意地っ張り

実数値 195-188-112-×-118-120

努力値 244-44-12-×-140-68

技構成 地震 岩石 叩き 蜻蛉

電気の一貫切りとクッションとしてパーティーの潤滑油のような存在のポケモン。もとはゴツメHBの個体を使用したが、電気タイプにHBのランドロスを投げる不安定さ、メタグロスカプ・レヒレの撃ち合いの強さからランドロス自身の場持ちを高めるとつげきチョッキに変更した。基本的に電気タイプはランドロスを噛ませることで電気技を打たせることなくメタグロスウルガモスへ引き、上から処理していく。ポリゴン2テッカグヤを叩き落とすからメタグロスで強引に処理のルートを取れるのも便利だった。努力値は6世代の化身ボルトロスを強く意識したものを変更せず使っていたがよりよい調整が浮かばなかったので要検討。


f:id:rubiiii:20170719191909g:plain

カプ・レヒレ@ウイのみ

特性 ミストメイカー

性格 図太い

実数値 176-×-154-120-155-125

努力値 244-×-36-36-36-156

技構成 しおみず ムンフォ 怒り 挑発

一見再生技もなく頼りないポケモンに思えるが有効打のないポケモンへの繰り出し能力の高さ、対面での怒りによる削り、補助技を許さない挑発とミストメイカーは圧巻の性能だった。しおみずは2サイクル目でのフィニッシュを意識しているがなみのりが欲しい場面も多く一長一短だと考えている。オボンのみと違いウイのみの発動条件が厳しいためギリギリ発動しないHPでも簡単に捨てず、交代で半減技を受けて回復する立ち回りが必要になる。努力値テッカグヤ抜きとDL意識の調整。


f:id:rubiiii:20170719193256g:plain

ウルガモス@こだわりスカーフ

特性 炎の体

性格 控えめ

実数値 161-×-85-205-125-152

努力値 4-×-0-252-0-252

技構成 オバヒ 炎舞 さざめき めざ氷 

指数受けに止められやすいこだわりスカーフを持ちながら見えない蝶舞によって指数受けを呼びにくいポケモン。蝶舞を警戒するあまり炎技が一貫する選出をされた場合にはイージーウィンすることができる。また、ランドロスとカプ・コケコなどの電気タイプとの対面でウルガモスに引くことで物理受けへの引きとめざ氷での居座りに両対応することが可能となり構築の対応範囲が広がった。素早さのラインが激戦区なため臆病にすることも考えたがオバヒで無振りカプ・コケコが確定な点があまりにも大きかった。


f:id:rubiiii:20170719230116g:plain

ポリゴン2@進化の輝石

特性 アナライズ

性格 なまいき

実数値 191-×-124-125-148-72

努力値 244-×-108-0-156-0

技構成 イカサマ 冷ビ 毒 再生

メタグロスゲッコウガの引き先としてポリゴン2を採用。ウルガモスへの行動回数も重要なのでBはミミッキュの+2妖Z耐えまでに抑え残りをDに振った。中途半端な火力のポケモンは簡単に詰ませられるため強力なポケモンだった。


ボーマンダ@ボーマンダナイト

特性 威嚇→スカイスキン

性格 無邪気

実数値 171-197-150-140-99-189

努力値 4-252-0-0-0-252

技構成 捨て身 龍星 地震 大文字

選出のパワーを落とさない第2のメガであり受けループへのささやかな対策として採用。メタグロスが出せない場合にポリゴン2とセットで選出することが多い。両刀を軽視してくる相手にはイージーウィンできた。



TN ルビーエラ

最高レート2114(画像が2097のものしかありませんでした)

最終レート2065

ここまで見ていただいてありがとうございました!

シーズン4使用構築がもう一つあるのでリンク

http://rubiiii.hatenablog.com/entry/2017/07/18/140451

f:id:rubiiii:20170720015039p:plain





シーズン4使用構築1 マンダの囲い 最高最終2118

こんにちは!るびーぽけです。

シーズン4で使用した構築を紹介していきます。(以下常体)


f:id:rubiiii:20170717163851p:plain

構築の考え方としては、メガポケモンの中で最もスペックが高いと考えているボーマンダをほぼ全試合選出できるようなパーティーを理想とした。採用順はボーマンダ、カプ・コケコ、アシレーヌポリゴン2ギルガルドマンムーの順で選出率は体感だが、ボーマンダがほぼ全試合選出、マンムーが20%くらい、それ以外バランスよく選出した。


個体紹介


f:id:rubiiii:20170718121544g:plain

ボーマンダ@ボーマンダナイト

特性 威嚇 

性格 意地っ張り

実数値 197-190-151-×117-163

努力値 212-60-4-×-52-180

技構成 恩返し 竜舞 身代わり 羽休め

全てのメガの中で最もスペックが高いと考えるメガボーマンダ。調整は最速ミミッキュ抜き、211めざ氷耐え、恩返しでH4振りミミッキュを93%の乱数1発のラインを満たした。この調整により強引に竜舞を積める場面が増え、勝ち筋がかなり広がった。ボーマンダミラーは威嚇でSが負けてることが分かった場合は素直に引くのが吉。


f:id:rubiiii:20170718132920g:plain

カプ・コケコ@シュカのみ

特性 エレキメイカー

性格 臆病

実数値 145-×-105-147-96-200

努力値 0-×-0-252-4-252

技構成 10万 めざ氷 くさむすび 瞑想

ボーマンダの弊害となる鋼タイプ、主にテッカグヤを後ろの地面タイプごと崩すためにシュカコケコを採用。シュカを採用したことで鋼タイプとの対面で無理に交代読みをせずとも安定して役割を遂行することができた。瞑想はグライオンボーマンダが止まるポケモンのサイクルを崩す手段として採用。選出の際にはコケコか後述のアシレーヌで荒らすことを意識した。


f:id:rubiiii:20170718133817g:plain

アシレーヌ@気合いの襷

特性 激流

性格 控えめ

実数値 155-85-94-195-136-112

努力値 0-4-0-252-0-252

技構成 アリア ムンフォ アクジェ めざ炎

シーズン3から見られ始めた襷アシレーヌ。このポケモンは基本的に初手に出して安定行動で荒らしていく動きが多い。明らかにメガバシャーモのバトン展開が見える場合はほとんど初手に選出した。相手視点ではアシレーヌZを想定しなくてはいけないためボーマンダの弊害となるカプ・コケコや初手のZ持ちを突っ張らせて返り討ちにすることができた。しかし、パーティーにマンムーを採用したことで、カプ・コケコとの対面で相手がくさむすびから入ってくるパターンが何度かあったので並びを改善すべきかもしれない。ちなみに控えめなのは個体を用意できなかったためでありAに下降補正をかけるべきではない。


f:id:rubiiii:20170718124054g:plain

ポリゴン2@進化の輝石

特性 アナライズ

性格 図太い

実数値 191-×-156-125-117-80

努力値 244-×-252-0-12-0

技構成 イカサマ 冷ビ 毒 再生

ここまではボーマンダを通すための駒を採用したが、このままではボーマンダが不利対面を取られた時にケアが効かなくなるため、ボーマンダを軸としてサイクル戦ができるポケモンを採用していくことにした。ボーマンダとサイクルを回す際にはボーマンダミラーとゲッコウガへの引き先は必須と考えているためポリゴン2を採用。技はミミッキュを+2アナライズで倒せるイカサマ、ボーマンダランドロスへの遂行速度を高める冷凍ビーム、高速再生技の自己再生は確定として、残りは毒とギャラドステッカグヤへの打点として電気技が候補だったが打つ場面の多さから毒を選択した。見せ合い画面で相手がポリゴン2を崩す手段を用意してくることから選出を絞るのにも役立つポケモンだった。


f:id:rubiiii:20170718140418g:plain

ギルガルド@食べ残し

特性 バトルスイッチ

性格 冷静

実数値 167-70-170-112-171-72

努力値 252-0-0-252-4-0

技構成シャドボ 毒 かげうち キングシールド

ボーマンダポリゴン2でサイクルを回す際に毒が一貫すること、カプ・テテフが受からないことから残飯ガルドを採用。ポリゴン2を選出できない時にゲッコウガに後出しすることもあるためテッカグヤではなくギルガルドシャドーボールの通りがいいことと残飯を見てかげうちを切った動きをされるなど非常に強力なポケモンであった。パーティーでウルガモスが非常に重いが、毒を入れたあとターンを稼ぎギルガルドの先制技で処理することが多かった。


f:id:rubiiii:20170718141444g:plain

マンムー@コオリZ

特性 厚い脂肪

性格 意地っ張り

実数値 187-200-101-×-97-114

努力値 12-252-4-×-132-108

技構成 地震 氷柱落とし 氷の礫 叩き落とす

ここまでの5体でだいたいのパーティーには対応できると思っていたため補完には少し汎用性を落とし選出する時だけきっちり役割を遂行できるポケモンを探した。その結果、コケコにボルトチェンジを打たせないために電気の一貫を切ることと、ボーマンダポリ2+鋼のミラーを意識してコオリZマンムーを採用した。有利対面で叩き落とすやコオリZからサイクルを崩壊させていく。努力値ボーマンダコケコ対面から安定した引き先とするためにめざ氷+くさむすび耐え、また、テッカグヤマンムーをワンパンできる技はZや火力アップアイテムしかないため準速カグヤを抜くことで叩き+コオリZをかなりのテッカグヤに当てることができた。副産物としてテテフの特化サイキネを確定耐えの耐久ラインを満たすこともできた。




レートを2100まで上げるのが遅すぎて2200に挑戦できなかったことは反省点でした。ただ、今季は楽しく対戦することができたのでそこは1番の収穫だと思っています。

ここまで見ていただいてありがとうございました!


TN アカツキ 

最終レート2118

f:id:rubiiii:20170718142953p:plain


ボスラッシュ使用構築(軸のみ)

f:id:rubiiii:20170611160553g:plain

ボーマンダ@メガ石  

技構成 恩返し 地震 龍舞 羽休め

実数値 197-190-151-×-117-163

努力値 212-60-4-×-52-180

211リザY(耐久リザYのCライン)に初手で出し負けないための耐久、ASミミッキュへの恩返しの打点、臆病スカーフテテフ、最速ミミッキュを意識してこのような調整となった。

地震は身代わりとの選択だと感じたがどちらにもメリットがあるのでパーティーと相談。

f:id:rubiiii:20170611160704g:plain

ポリゴン2@進化の輝石   

特性 アナライズ

技構成 冷凍ビーム イカサマ 自己再生 放電

努力値 244-×-252-0-12-0

実数値 191-×-156-125-117-60

ボーマンダと相性の良い物理受け。カバルドンと迷ったがゲッコウガの対処を楽にするため、またミミッキュがアナライズ+2イカサマで落ちるため採用。放電は重いギャラドステッカグヤへの打点として採用したが、どくどくを切ったせいで相手の耐久ポケモンの処理ルートが減った点とコケコを初めとした電気タイプが重くなってしまった点は課題が残る。

f:id:rubiiii:20170611160755g:plain

ギルガルド@ゴーストZ   

技構成 シャドークロー 聖剣 剣の舞 影うち

努力値 188-252-0-×-0-68

実数値 159-222-70-×-70-89

ボーマンダポリゴン2と強い並びを作れるかつ、カプテテフの一貫を切れるポケモンとして採用。有利対面を取った際に特殊ゴーストZをケアする行動として守る、ノーマルタイプ引きをしてくる相手にかなり刺さった印象。相手のポリゴン2は舞聖剣で削ってボーマンダで処理するルートが多かった。

f:id:rubiiii:20170611160822g:plain

ウツロイド@こだわりスカーフ  

技構成 パワージェム ヘドウェ めざ氷 草結び

努力値 4-×-0-252-0-252

実数値 185-×-67-179-151-170

ここまでで重いウルガモスリザードンに強く、ビーストブーストで終盤の抜き性能に期待できるウツロイドを採用。正直ウルガモスに強い以外の採用理由が曖昧だと思っている。


@2はこの環境でほぼ腐らないと踏んだタスキキノガッサと受けループの選出を歪ませ、ポリゴン2ウツロイドと並びを作れる滅びメガゲンガーを使ってました。上3体はまあまあ使ってていい感じだったのでもう少し改良していきたいと思います。




シーズン3使用構築

結果も出ていないので並びだけ簡潔に


メガボーマンダ@メガ石  いじっぱり

197-190-151-×-117-163

恩返し 地震  舞  羽

メガ枠。211めざ氷耐えでミミッキュテテフを意識したSライン。


マンムー@襷  陽気

185-175-100-×-96-135

地震 岩石  礫 ステロ 

初手で無理矢理ステロを撒き、後述のバシャーモを通す。コケコに後出しするケースを考えてめざ氷+草結び高乱数耐え。


バシャーモ@炎Z  うっかりや

155-141-90-178-81-132

オバヒ めざ氷 膝 守る

ステロと合わせてほとんどの構築に刺さると踏んだエース。通ったときはほぼ勝てるが相手のポケモンに先に展開されると勝てない。


ナットレイ@フィラのみ  呑気

181-118-198-×-136-22

ジャイロ 宿り木 守る ステロ

サイクルを回しながらステロが撒けると踏んだときに選出。ミミッキュの舞ゴーストZ+シャドクロやガルーラの炎技に突っ張ってもHP管理ができる。


ウツロイド@スカーフ  臆病

185-×-67-179-151-170

パワージェム ヘドウェ めざ氷 草結び

リザードンウルガモス入りにナットレイと合わせて選出。一貫が取れれば楽に勝てる試合が多かった。


ギルガルド@霊Z  いじっぱり

シャドクロ 聖剣 かげうち 剣舞

マンダと強い並びを作れて受けループにある程度強い枠で採用。実際はグライオンとの守る択をする必要があるので微妙だった。特殊だけを警戒してくる相手にはイージーウィンできた。



シーズン3は実力も努力も足りないシーズンでした。対戦してくれた方、オフや通話などでお世話になった方ありがとうございました。