読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーズン1使用構築 最高2167 最終2142

並びはこちら

f:id:rubiiii:20170117173701p:plain

 シーズン1ではカプ・コケコというポケモンが非常に強力でカプ・コケコに強いガブリアスや、ガブリアスに受け出しでき、地面の一貫を切れるテッカグヤあたりがかなり多い環境であったと感じた。

 そのため、こちらはテッカグヤを出して地面の一貫を切りつつ相手のコケコをどうにかしようという考え方で構築を組んだ。採用順はテッカグヤ、カプ・コケコ、ガブリアス、ガルーラ、ミミッキュ、ゲンガー。

 2100まではカプレヒレを採用していたがカグヤレヒレと出すとコケコにボコられるのを嫌って選出できなくなったため解散。

メガガルーラ@ガルーラナイト

性格 意地っ張り

特性 きもったま→親子愛

努力値 132-252-4-×-60-60

技構成 猫 ブレクロ 雪崩 不意打ち

出し負けしにくいメガ枠。技は半端なサイクルを崩すためにブレクロ、テッカグヤへの非接触技で受けループへの誤魔化しとして雪崩、Sの上がった積みアタッカーを止める猫不意の4枠とした。相手のテッカグヤに対しては雪崩から入りやどりぎを受けないタイミングで引くようにしていた。ヘビボンから入られるとかなりキツかった。


ガブリアス@気合いのタスキ

性格 陽気

特性 鮫肌

努力値 0-252-0-×-4-252

技構成 地震 岩石 炎牙 剣舞

レヒレを入れていたときに逆鱗を切っていたが使用感が良かったのでそのままの技構成で採用。メインウェポンの地震、テッカグヤへの打点となる炎牙は無難に強く、岩石封じはミミッキュのばけのかわに打つとガルーラが上を取れる、ボーマンダパルシェンに打つと後続のコケコが上を取れるなど便利な技だった。


テッカグヤ@ゴツゴツメット

性格 控えめ

特性 ビーストブースト(C上昇)

努力値 148-×-196-100-20-52

実数値 191-×-148-154-124-87

技構成 放射 めざ氷 やどりぎ 守る

ガブリアスに安全に投げることを目標にしたテッカグヤ。ガブリアスさえ処理すればこちらのコケコが通るためこのような型になった。交代際に剣舞を積まれてもめざ氷+接触2回で倒せる。炎Zには負けるがその場合コケコが上を取れるので割り切った。図太いの方が良かったかもしれないが特に問題は無かったように感じた。相手の削れたテッカグヤを放射で倒しC上昇で勝った試合もあったのでなんとも言えない。


カプ・コケコ@デンキZ

性格 臆病

特性 エレキメイカー

努力値 236-×-12-4-4-252

技構成 10万 マジシャ 瞑想 羽休め

コケコミラーに強く出れると見て採用した瞑想羽コケコ。CSコケコのマジシャを2耐えするので起点にできる。ガブリアス後出しにはカグヤを投げて間に合うので安全に瞑想を押していけた。また、カグヤのやどりぎを当てれば相手のコケコに後投げができるのでカグヤコケコミラーはほとんど負けなかった。しかし、終盤はフェアリーZコケコが増えてきたため、対面で2連同速負けをすると突破されてしまうのが辛かった。


メガゲンガー@ゲンガナイト

性格 臆病

特性 のろわれボディ→影踏み

努力値 236-×-0-0-20-252

技構成 シャドボ ヘド爆 挑発 道連れ

フェローチェ入り、ブルル入りサイクルや受けループなどに選出した。とりあえず補完で入れてみたがほとんど選出できなかった。この枠は検討が必要。UB統一のテッカグヤにエアスラ外しで道連れを透かされた時は吐いた。


ミミッキュ@ゴーストZ

性格 陽気

特性 ばけのかわ

努力値 4-252-0-×-0-252

技構成 シャドクロ 鬼火 みがわり のろい

最後に入ってきた枠。オニゴーリに負けまくっていたためいいポケモンはいないか考えていたところ、対戦相手の方にZのろいミミッキュを使われ、参考にすることにした。参考元はどくどくだったが、ガルーラスタンへの腐りにくさを考えて鬼火に変更した。初手で投げてガルガブには鬼火、ゲンガーテテフにはゴーストZシャドクロと、出し負けしにくい。積みポケモンに対してのろいを打つことでガルーラの猫不意でシバくことができるのが素晴らしかった。なお、採用してからオニゴーリには当たっていない。


結果的にいい所まで行けましたが、構築は穴だらけで、選出を間違えたらボロ負け、選出を当てても択負けや同速負けなど反省点が多かったシーズンでした。目標の2200を目前にして心が折れてしまったのが残念です。シーズン2では頑張りたいと思います。

ここまで見てくださってありがとうございました!


f:id:rubiiii:20170117182636j:plain